日経Bizアカデミーのコラム更新されました。

2014年首都圏の中学入試結果と見るべきポイント

 

公立中高一貫校もできたことで、首都圏では、15歳の進路選択に加えて12歳の進路選択が一般化しているとも言えるでしょう。

ひと頃のような加熱状態では無くなったとはいえ、中学受験に臨む子どもにとっては、人生における最初のハードルを越える経験です。

中学受験の特徴は、子どもの受験であると同時に、親の関わりが欠かせないということ。特に学校選択は、親の仕事です。我が子にとってのいい学校に出会うために見るべきポイントは何でしょうか?時代を読むアンテナも欠かせませんね。2014年の結果を振り返りながら、みるべきポイントを考えてみました。コチラから。